年収1000万円手にする成功者は、稼ぎ方より圧倒的に「使い方」がうまい

この知識はこんな人にオススメ

「正しい自己投資のやり方について知りたい人」

「年収1000万円稼げる人のお金の使い方について知りたい人」

正しくお金を使うから、多くのお金が入ってくる

突然ですが、あなたはお金持ちになりたいですか?

何か特別な事情がない限り、多くの人はお金がないよりもお金がある状態のほうがいいと考えるはずです。

では、お金持ちになるためにはどんなスキルが必要だと思いますか?

お金を稼ぐスキル、お金を貯めるスキル、あるいはビジネスを成長させるスキルを連想するかもしれません。

しかし実際に年収1000万円以上稼げている成功者たちの習慣をみてみると、お金の稼ぎ方がうまいのはもちろんですが、圧倒的にお金の使い方がうまいという特徴があります。

「お金を貯めないと不安」な人は一生幸せになれない

私たちの多くは、明確な理由や目的がないにもかかわらずお金を貯金しようと考えます。

「なんとなく将来が不安だから」
「万が一のための蓄えに」
「お金を貯めるのが好きだから」

こんなふうに考えた経験はあなたにもあるのではないでしょうか?

しかし、人間心理をもとに考えると、どれだけお金が貯まっても不安が解消することはなく、安心が手に入ることもありません。

100万円の貯金ができたら1000万円、1000万円の貯金ができたら1億円のお金がほしい…と考えるのが普通だからです。

お金を使うことで、真の成功と幸せが得られる

成功者たちは、お金を貯めることよりも正しくお金を使うことのほうが、ずっと大事であることを理解しています。

よく銀行に預けるだけのお金を「死んだお金」と表現することがありますが、成功者たちはこのような死んだお金を一切持っておらず、「生きたお金」を扱っているのです。

正しくお金を使うことができなければ、ギャンブルやジャンクフードなど何のメリットもないもののためにお金を使ってしまい、成功や幸せが遠のく結果になるのです。

いかに流動的にお金を使うかが大事

やっと100万円貯金ができた!」と、喜ぶ人たちがいます。

私は貯金を一切しないことがいいことであるとは思いませんし、「宵越しの金は持たない」という考え方に賛同しているわけでもありません。

ただ、あなたが100万円貯金したということは「100万円分の自己投資の機会を失ってしまった」ということでもあります。

その100万円を使って正しく自己投資していれば、年収が今の5倍10倍となって1000万円の貯金が手に入る可能性すらあったのです。

自己投資は絶対に自分に返ってくる

私個人も、ビジネスで稼げていないときからひたすら自己投資のためにお金を使ってきました。

年商3億円の会社を経営している今でも、直近半年間で1000万円以上のお金を自己投資のために使っているほど。

正しく自己投資することができれば、そのためにかかったお金は必ず自分に返ってきます。

多くの人たちが100万円の貯金で喜んでいる間に、あなたは年収1000万円稼げる人物になることも可能なのです。

意味のない浪費は逆効果に

ただし、やみくもに自己投資しようとしても失敗する可能性が高いでしょう。

たとえば、本当に使うのかどうかわからないのに「ほしい!」という気持ちだけで新型のパソコンやタブレットを購入するのも考えものです。

今のパソコンでも十分仕事ができるのに、ムダに高価な商品を買ってしまっても意味がありません。

自分にはまったく関係のないコーチ・コンサルを受けるのも避けたほうがいいでしょう。

自分のスキルを高めるためにお金を払ったり、ライバルのビジネスモデルを学ぶためにお金を使うのは自己投資にあたりますが、「5万円以下の講座に片っ端から参加しまくる!」という行動で得られるものがあるかは疑問です。

投資にお金を使うことで「マインドブロック」が外れる

正しく自己投資をしてお金の使い方を身につけることには、もう一つ大きなメリットがあります。

それは、商品を売ってお金をもらうことに抵抗があるという「マインドブロック」を外せることです。

たとえばビジネス初心者にありがちなのは、「自分のスキルを教えて30万円をもらうなんて、罪悪感がある」と思ってしまうことです。

目にみえない商品を売ることに対して抵抗を持っている人も、実際に自分がその商品を買うお客さんの立場を経験してみると、案外すんなりとマインドブロックを外せたりするのです。

「お金=汚いもの」が日本人の常識

そもそも私たち日本人の国民性として、お金=汚いものと考える傾向にあります。

たくさんお金を持っているということはそれだけ悪いことをしてきたからだ…という思い込みが多くの人の中に存在しており、人よりも多く稼ぐことを後ろめたく感じてしまうのです。

その一方で「お金はほしい」「税金は払いたくない」と考えているのですから、いかにも矛盾した考えのように思えますよね。

お金自体に善悪はないことを知る

私たちが知っておかないといけないのは、お金それ自体は良いものでも悪いものではないということです。

そもそもビジネスというのは、「価値と価値の交換」という本質があり、お金はその交換を円滑にするためのツールにすぎません。

私たち全員が物々交換によって毎日生活に必要なものを揃えていては、非常に手間がかかりますし時間も足りません。

ここで昔の人々が開発したのがお金というツールであり、お金自体に価値はありません。

お金を払って得られる商品、あるいは販売することでお金を払ってもらえるスキルにこそ、本質的な価値があるのです。

今すぐに始められる正しいお金の使い方

では、正しいお金の使い方を身につけるためには具体的にどんなことをしていけばいいのでしょうか?

私が考えるおすすめの自己投資テクニックについてお伝えしましょう。

収入の2割を自己投資に使ってみよう

まず正しくお金を使うための基準として、自分の収入の約2割を自己投資に回してみましょう。

もしあなたが毎月20万円稼げているなら、そのうちの2割にあたる4万円を毎月自己投資に使ってみる。

年収で500万円稼いでいるなら、1年間で最低でも100万円の自己投資を行うことを心がけてみるのです。

毎月の収入が入ってきたらあらかじめ自己投資用の口座にお金をわけておき、生活費と自己投資用の資金を別々に管理するというのもおすすめです。

「このお金は必ず自己投資のために使う」と事前に決めておけば、浪費のためにお金を使いすぎてしまうという心配もありません。

おすすめはビジネス書への投資

基本的に自己投資はかけたお金の分だけ大きな価値が得られますので、1万円の商品を複数回買うよりも、100万円の商品をドカっと買ってしまったほうが大きな学びが得られます。

というのも人間心理として1万円の商品より100万円の商品のほうが「もとを取らないと!」「払ったからには集中して学ばないと!」と考えるモチベーションが生まれるからですね。

ただ、これまでにあまり自己投資してきた経験がない人には、いきなり100万円の商品を買うのはハードルが高いかもしれません。

そんなときにはビジネス書への投資を始めてみてください。

特に成功者たちが書いたビジネス書には、その人の人生のエッセンスが端的にまとめられているものも多くあります。

成功者が一生かけて身につけてきたノウハウをたったの数千円で学べるのですから、これほどコスパのいい自己投資はありません。

おわりに

私たちはどうしてもお金の稼ぎ方に意識を向けてしまいますが、それ以上にお金の「使い方」が重要であるという話をお伝えしました。

ちなみに私もこれまでに培ってきたノウハウを電子書籍にまとめて出版しているので、興味があれば手に取ってみてくださいね。

喜多野修次のAmazon著者ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です